「KAWASAKIしんゆり映画祭」が目指すもの

2020年3月策定​

1.「KAWASAKIしんゆり映画祭」は、市民(みんな)が映画を自発的に上映する活動を通じて、個性豊かで魅力ある芸術文化のまちを実現します。

 

2.国内外の良質な映画を市民目線で発見し、表現と作品理解の多様性を尊重しながら、多くの市民に届けます。

 

3.誰もが気軽に映画を劇場で楽しみ、映画・映像文化の素晴らしさを感じてもらえるよう、映画を鑑賞する上での環境を整えます。

 

4.映画祭を担う市民ボランティアは、映画を創る人・観る人・観せる人のつながりを大切にし、映画を観る歓びをともにします。

 

5.川崎市アートセンターをはじめ、地域の様々な団体等と連携協働を図り、川崎市が進める「しんゆり・芸術のまち」構想の実現に寄与します。

 

​KAWASAKIしんゆり映画祭実行委員会規約

(名称)

第1条 本会は、KAWASAKIしんゆり映画祭実行委員会(以下「実行委員会」という。)と称する。
 

(目的)
第2条 本会は、市民(みんな)が映画を自発的に上映する活動を通じて、個性豊かで魅力ある芸術文化のまちを実現するため、「KAWASAKIしんゆり映画祭」(以下「しんゆり映画祭」という。)を実施する。

 

(業務)
第3条 本会は、前条の目的を達成するため、次の各号に掲げる業務を行う。
 (1) しんゆり映画祭の企画及び運営に関すること
 (2) 市民ボランティアスタッフの資格及び登録に関すること
 (3) 関係団体等との協力・連携に関すること
 (4) その他目的を達成するために必要な事項
2 本会は、NPO法人KAWASAKIアーツの理事会(以下「法人理事会」という。)と連携を図り、しんゆり映画祭の運営に必要な事項を審議し決定する。
3 本会は、業務の遂行にあたり、市民ボランティアスタッフ(以下「市民スタッフ」という。)の意見を反映できるように努める。

 

(構成)
第4条 本会は次の者をもって構成する。
 (1)実行委員長 1名
 (2)実行副委員長 1名
 (3)実行委員 7名
 (4)監事 1名
2 本会の決議に基づき下部組織として設置する、部門別セクションにリーダーを置く。

 

(構成員の選任)
第5条 実行委員長は、しんゆり映画祭の市民スタッフで2年以上の経験者、又は法人理事会の役員の中から選任する。
2 実行委員長は、実行委員会を代表し、会務を総括する。
3 実行副委員長並びに実行委員は、1年以上の市民スタッフ経験者の中から選任する。
4 実行副委員長は実行委員長を補佐し、実行委員長に事故があるときは、その職務を代理する。
5 実行委員は、委員の互選により部門別セクションのリーダーを務める。
6 実行委員長及び実行副委員長並びに実行委員の具体的な選任方法は、別に定める。
7 監事は、NPO法人KAWASAKIアーツの監事が兼任し、本会の会計を監査する。

 

(構成員の任期)
第6条 実行委員長の任期は、1年とする。ただし、再任を妨げない。
2 実行副委員長並びに実行委員の任期は、1年とする。ただし、再任を妨げないが、原則2年までとする。
3 監事の任期は、1年とする。ただし、再任を妨げない。


(会議)
第7条 本会の会議は実行委員長が招集し、議長は実行委員長があたる。
2 議事の決定は、出席総数の過半数の賛成をもって行い、可否同数のときは、実行委員長が決定する。ただし、特に重要な事項については、市民スタッフの意見を集約のうえ、法人理事会へ報告し助言等を得て行うこととする。
3 実行委員長は、必要と認めるときは、構成員以外の者を会議に出席させ、説明や意見を求めることができる。

 

(部会)

第8条 実行委員長は、特定の課題に対応するため、必要に応じて部会を設置することができる。
2 実行委員長は、実行委員の中から部会の部会長及び副部会長を選任し、検討結果等について報告を受けるものとする。
3 部会長は、部門別セクションの構成員の中から部会員を選出し、部会を組織する。


(会計)
第9条 本会の経費は、川崎市負担金、日本芸術文化振興会等の助成金、寄付金・協賛金、鑑賞料収入及びその他の収入をもって充てる。
2 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日までとする。

 

(事務局)
第10条 本会の事務を処理するため、川崎市麻生区万福寺1-2-2新百合21ビル地下2階に事務局を置き、事務局には専従の事務局員を置く。
2 事務局は、実行委員会の決議に基づき、しんゆり映画祭の運営業務及び会計を行う。
3 事務局は年度末に収支決算を行い、監事の監査を経て、実行委員長、実行副委員長及び実行委員会へ報告する。

 

(補則)
第11条 この規約に定めるもののほか、本会の運営に関し必要な事項は、会議において協議のうえ、実行委員長が別に定める。

 

附 則
この規約は、NPO法人KAWASAKIアーツの理事会の承認を得た日(2020年3月23日)から施行する。

 

KAWASAKIしんゆり映画祭2020・運営方針

1 基本目標
〇昨年の映画「主戦場」上映取り止めをめぐる一連の事態を教訓として、映画祭の組織運営体制を抜本的に見直すとともに、事業の規模・内容について再構築を図ります。また、地域とのつながりを重視し、地域に根ざして様々な活動を行う団体・事業者等との協力・連携を深め、地域の活性化と文化的な魅力発信に貢献します。
〇映画祭の企画・運営は、市民(みんな)がボランティアとして主体的に行うことを基本とします。市民スタッフとして参加するボランティアは、担い手に求められる責任を果たしながら行動し、映画祭をともに創りあげます。
〇こうした取組により、すべての市民・映画関係者からの信頼を取り戻し、映画を創る人・観る人・観せる人が喜びと楽しさ、感動を分かち合える、新生・「KAWASAKIしんゆり映画祭」を実現します。

 

2 目標達成に向けた事業展開
(1)既存事業の再構築

〇映画祭事業の柱は、秋の「映画祭」(本祭)・「ジュニア向け事業」・「野外上映会」とします。
〇「ジュニア映画制作ワークショップ」については、2021年以降の再開に向けた運営体制を整えることとし、「ジュニア向け事業」として本祭での関連上映会などを試行します。


(2)映画祭規模の見直しとバリアフリー上映の充実
〇本祭は、これまでの運営状況等を踏まえて規模の見直しを図ります。
〇作品上映に当っては、副音声ガイド付・日本語字幕付や保育サービス付などのバリアフリー上映に取り組むとともに、バリアフリー映画の新システムへの対応についても検討し、誰もが気軽に映画を劇場で楽しめる環境づくりに努めます。

 

(3)(仮称)映画「主戦場」上映取り止め問題関連プログラムの開催
〇映画「主戦場」上映取り止め問題を参加者とともに振り返り、映画祭再生に向けて取り組むためのプログラムを開催します。

 

 

3 目標達成に向けた組織運営
(1)公正で開かれた組織運営体制の確立

〇組織運営の公正性や透明性を高めるため、従前の体制に替えて、「実行委員会(構成:実行委員長・副委員長・委員)」を新たに設け、その下に部門別の「セクション」を置くこととします。
〇実行委員会は、合議制による意思決定機関と位置付け、映画祭の組織運営に関する基本事項を統括し、このうち特に重要な事項については、全体会で意見集約のうえ、NPO法人KAWASAKIアーツ理事会(以下「法人理事会」という。)から必要な助言等を得るものとします。構成員の具体的な選任方法等については、別に定めます。
〇映画祭の運営において専門的な知見を得るため、必要に応じて「(仮称)アドバイザー」を設けます。
〇映画祭運営に伴うリスク管理の重要性を踏まえ、関連マニュアルの作成や他事例の調査研究を行うとともに、関係団体・専門家とのネットワークづくりなどに取り組みます。
〇映画祭の活動を発信するため、ツイッター・ブログなどSNSツールを活用した宣伝・広報活動の充実に向けて取り組みます。

 

(2)市民スタッフの計画的な育成・確保
〇映画祭を担う人づくりとマンパワーの向上を図るため、研修会の開催やセクションの運営方法・役割分担の工夫などにより、実務を担う市民スタッフを計画的に育成・確保します。
〇組織内の情報連絡の改善を図るため、新たなツールを工夫するなどして、スタッフ全体の情報共有や意思疎通の円滑化に努めます。

 

(3)安定的な資金調達による財務基盤の強化
〇映画祭収入の大きな割合を占める公的助成(補助金)とは別に、映画祭の自主性・自立性の向上と安定した組織運営を目指し、法人理事会との連携を一層密にして寄付金・協賛などの自主財源の増収を図ります。
〇資金調達の多様化を図るため、個人・団体・法人に資金面で応援してもらう「(仮称)サポーター制度」の導入やSNSツールを活用した財源確保策などを検討し、可能なものから具体化に努めます。