ジュニア映画制作ワークショップ(2020年度)

​2020年度のジュニア映画制作ワークショップについて

今年は社会生活や映画制作現場を始めとする映像業界においても、新型コロナウイルスの多大な影響をうけた年となりました。KAWASAKIしんゆり映画祭で20年続いてきた「ジュニア映画制作ワークショップ」も例外ではなく、今年は例年どおりの映画制作を主体としたワークショップの実施は難しいと判断することになりました。

それでも、私たちは「ワークショップの灯を絶やしたくない!」と、今年は「脚本」にスポットをあてたオンラインワークショップを実施します。脚本作りは「映画制作の設計図」と言われ、時間をかける必要のある工程です。いまはまだ中学生の皆さんの中にしかない“映画”に、出会えるのを楽しみにしています!

ジュニア映画シナリオワークショップ

映画制作の“第一歩”として 脚本作りの基本的知識やハウツーを学ぶことから始めていきます。
​定員に余裕があるため、二次募集を行います(募集期間延長、応募条件拡大)
→募集を終了しました。ご応募ありがとうございました。
 

講師

三浦 有為子(みうら ういこ)さん

東京都出身。脚本家、作家。株式会社PTA所属。2002年、映画『2LDK』(堤幸彦監督)で脚本家デビュー。以降、テレビドラマ、映画、演劇、ノベライズなど幅広く活動。2005年、映画『明日への記憶』で日本アカデミー賞脚本優秀賞受賞。主な作品に映画『FLOWERS』『絶叫学級』、テレビドラマ『夢をかなえるゾウ』『イタズラなKiss~Love in Tokyo』『ウルトラマンジード』など。

応募条件

中学生(川崎市、小田急線沿線にお住まい、または川崎市内・小田急沿線の中学校に在校の方)

 ※ワークショップの性質上、パソコンもしくはインターネットに接続できるデバイス、安定したインターネット環境が必要になります


・原則として実施日程 5 日間すべてに参加できること

ワークショップ実施日

2020年 12/6(日)、12/20(日)

2021年 1/10(日)、1/24(日)、2/7(日)

※全日オンラインです

​開催時間:14時30分~16時

定員

10名程度

参加費

無料

募集期間

2020年11月6日(金)~11月21日(土)

二次募集:11月22日(日)~11月30日(月)→募集を終了しました。

応募フォーム

→募集を終了しました。

保護者承諾書

→募集を終了しました。

​共催

川崎市 川崎市教育委員会 川崎市文化財団 日本映画大学 昭和音楽大学 (一財)川崎新都心街づくり財団

​特別協賛

小田急電鉄株式会社

協力

​株式会社PTA 

お問い合わせ

NPO法人 KAWASAKIアーツ しんゆり映画祭事務局

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺1-2-2新百合21ビル BF2

TEL/ 044-953-7652

FAX/ 044-953-7685

​Email siff2020jrws@gmail.com

 

​後援

NPO法人しんゆり・芸術のまちづくり 「映像のまち・かわさき」推進フォーラム

麻生区文化協会 新百合ヶ丘エリアマネジメントコンソーシアム