佐藤忠男さんと振り返るアジア映画inしんゆり

映画祭25周年!佐藤忠男さんの激アツ解説とともに過去に映画祭で上映したあの名作をプレイバック!

 

※ゲストトークは中止となりました。イベントを楽しみにされていたお客様には大変申し訳ございません。

 

『ブンミおじさんの森』

© A Kick the Machine Films

上映スケジュール
10月29日 (火)
12:00
映像館
11月2日 (土)
10:00
映像館

2010年/イギリス、タイ、ドイツ、フランス、スペイン/114分
監督・脚本:アピチャッポン・ウィーラセタクン
出演:タナパット・サーイセイマー、ジェンチラー・ポンパス、サックダー・ケァウブアディー

あらすじ

病で死が迫っているブンミは、亡き妻の妹ジェンをタイ東北部にある自分の農園に呼び寄せる。そこに妻の霊が現れ、行方不明だった息子も姿をかえて現れる。やがてブンミは愛する者を連れ、森へ入っていく。

おすすめコメント

人間、 動物、 精霊たちの記憶や輪廻を描く本作は、不思議な魅力で私たちに創造力を与えてくれる。タイの歴史的記憶とともにめぐる作品。

 

『冬冬の夏休み デジタル・リマスターバージョン

© A MARBLE ROAD PRODUCTION 1984

上映スケジュール
11月1日 (金)
16:20
映像館
11月4日 (月・祝)
10:30
映像館

1984 年/台湾/ 98 分
監督・脚本:ホウ・シャオシェン/脚本:チュー・ティエンウェン
出演:ワン・チークァン、リー・ジュジェン、グー・ジュン

あらすじ

1984年の夏休み、母親が入院したため、少年・冬冬と妹・婷婷は田舎の祖父母の家に預けられる。祖父母のいる村でできた友達や、厳しくも温かい祖父との交流。少年のひと夏の経験を描く。

おすすめコメント

少年が小さな出来事の中で、大人の世界を感じていく夏休み。なんでもない記憶の片隅にある気持ちを描いていて、どの場面も見逃せない。

【イベント中止のお知らせ】

11/2(土)10:00『ブンミおじさんの森』

11/4(月・祝)10:30『冬冬の夏休み』
 各上映回で佐藤忠男さんのご登壇予定でしたが、ご都合により上映後のゲストトークは中止となりました。イベントを楽しみにされていたお客様には大変申し訳ございません。該当回の映画作品の上映は行います。
 尚、ご登壇中止に伴うチケットの払い戻しはございません。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
 お問い合わせに関しましては、しんゆり映画祭事務局まで。

​佐藤忠男さん

1930年新潟県生まれ。「映画評論」「思想の科学」の編集にたずさわりながら評論活動を行う。アジア映画を中心に、世界中の知られざる優れた現代映画を発掘、紹介し日本の映画界に貢献。映画ばかりではなく演劇、文学、教育など幅広い分野にわたり執筆活動を続けている。著作に「日本映画史」(全4巻)「日本映画の巨匠たち」(全3巻)など多数。現在、日本映画大学名誉学長をつとめ、日本映画の将来を担う人材の育成に尽力している。

©2004-2019 Kawasaki Shinyuri Film Festival All rights reserved.
NPO法人KAWASAKIアーツ・映画祭事務局
TEL044-953-7652/FAX044-953-7685

E-mail:cinema-uma@siff.jp