あれも青春!これも青春?

前向きか後ろ向きかわからないけれど、とにかく心が動く季節。誰にだって青春はある!
若き俊才監督による、それぞれの青春を覗いてみませんか?

 

『天然☆生活』

©TADASHI NAGAYAMA

永山 正史 監督、川瀬 陽太さん

上映スケジュール
10月30日 (水)
14:00
映像館
11月4日 (月・祝)
17:10
映像館

2019年/日本/95分

監督・脚本:永山正史/脚本:鈴木由理子

出演:川瀬陽太、津田寛治、谷川昭一朗、鶴忠博

あらすじ

50歳のタカシはウルトラニート。彼は田舎の親戚の家に居候中。そこへいとこのミツアキと幼馴染のショウもきて、再会を果たす旧友3人。彼らの前にある日、ナチュラルライフに憧れる一家が東京からやってくる。

おすすめコメント

平穏に暮らすおっさんたちの前に、都会から外来種のような一家の登場で、物語は急展開!映画の力・青春の力が溢れる野心作。

ゲスト(予定)

永山正史監督

1983年神奈川県出身。過去作は2012年PFF入選の「飛び火」、2017年ゆうばり映画祭グランプリの「トータスの旅」。

川瀬陽太さん

1969年生まれ。20年以上主にフリーで活動し、自主・成人映画・TV・大作に至るまで多数の作品に出演。待機作に『子どもたちをよろしく』『ゴーストマスター』『AI崩壊』など。

 

『あいが、そいで、こい』

©ENBUゼミナール

柴田 啓佑 監督

上映スケジュール
11月1日 (金)
19:00
映像館
11月3日 (日)
15:30
映像館

2018年/日本/115分

監督:柴田啓佑/脚本:村上かのん

出演:小川あん、髙橋雄祐、長部 努

あらすじ

2001年、海辺の田舎町に住む萩尾亮は高校最後の夏休みに、校長の命令でドルフィンスイムの手伝いに参加。亮はそこで、トレーナーの見習いとして留学してきた女性、ワン・ジャーリンと出会うが、二人は何かと対立する...。

おすすめコメント

柴田監督は日本映画学校(現:日本映画大学)出身。初の商業映画の公開を控える彼が描く、懐かしさいっぱいの青春讃歌。

ゲスト(予定)

柴田 啓佑 監督

短編作『ひとまずすすめ』が第8回田辺・弁慶映画祭にてグランプリをはじめ、映画祭初の4冠を達成。近年はドラマ演出のほか、幅広い分野で活躍。待機作は、映画『喝 風太郎!!』(主演:市原隼人)等がある。

 
 

©2004-2019 Kawasaki Shinyuri Film Festival All rights reserved.
NPO法人KAWASAKIアーツ・映画祭事務局
TEL044-953-7652/FAX044-953-7685

E-mail:cinema-uma@siff.jp