​「身近な人がマジコワい」特集

新進気鋭の監督作品がしんゆりに登場!あなたは身近にいる家族や恋人の本当の姿を見たことがありますか?

 

『ゲット・アウト』

©2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

上映スケジュール
10月31日 (木)
13:00
​映像館
11月03日 (日)
10:00
映像館

2017年/アメリカ/104分
監督・脚本・制作:ジョーダン・ピール
出演:ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズ、ブラッドリー・ウィットフォード    

あらすじ

​ニューヨークで暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、週末に白人の恋人ローズの実家で過ごすことになる。しかし、ローズは両親に彼氏が黒人であることを伝えておらず、クリスは若干の不安を拭えない・・・。

おすすめコメント

​人種差別をテーマにした社会派サスペンス。スパイク・リー監督に続く次世代の黒人監督ジョーダン・ピールを要チェック!

 

『へレディタリー/継承』

© 2018 Hereditary Film Productions, LLC

上映スケジュール
10月31日 (木)
15:40
映像館
11月3日 (日)
12:30
映像館

2018 年/アメリカ/ 127 分/ PG12
監督・脚本:アリ・アスター
出演:トニ・コレット、アレックス・ウォルフ、ガブリエル・バーン

あらすじ

グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。残された家族は祖母を失った哀しみを乗り越えようとするが、一家には不吉な出来事が起こるようになる。それは祖母が残していった“何か”によるものだった...。

おすすめコメント

ベルイマン作品などに影響を受けた本作は、 言うなれば 「嫌な家族ドラマ」。緻密な脚本ゆえに 2 回目の鑑賞もお薦めです!

オーディオコメンタリー上映

 

今年のしんゆり映画祭にて上映される『へレディタリー/継承』では、FMラジオを使用して解説を聴きながら作品を鑑賞できる「オーディオコメンタリー上映」を行います!
解説を行うのは主にホラー作品の脚本家・監督として活躍し、TBSラジオ「アフターシックスジャンクション」などでの映画談義も大人気の三宅隆太さん!!三宅さんならではの目線で本作について解説して頂きます。
※※※オーディオコメンタリーは既に鑑賞済みの方を対象とした企画となっております。映画祭では2回上映がありますので、本作を未鑑賞の方は1回目は通常上映、2回目はコメンタリー上映でお楽しみください!!※※※

詳細・注意事項
・映画祭での『へレディタリー/継承』の上映(10月31日、11月3日)は2回とも「オーディオコメンタリー上映」を行います。オーディオコメンタリーをお聴きにならずに、通常の上映形式でも鑑賞をお楽しみ頂けます。
・解説は事前に録音した音声を再生する形式になります。三宅隆太様のご登壇・トークイベントなどはございません。
・FMラジオは25台を用意しております。上映開始前に先着順で無料で貸出いたしますので、ご利用をご希望の方はお早めにご来場ください。なお、貸出いたしましたFMラジオは鑑賞後に返却をお願いいたします。※チケット購入順での貸出ではございませんのでご注意下さい。
・イヤホン付き小型FMラジオはお持ち込みいただけますが、周りのお客様へ迷惑がかかると運営側が判断した場合は、お持ち込みをご遠慮頂く場合がございます。
・周波数の設定などは上映開始前にご案内いたしますので、上映の際はお時間に余裕を持ってご来場ください。
・ラジオを使用して鑑賞される場合は、ラジオの音量など、オーディオコメンタリーをお聴きにならないお客様へのご配慮をお願いいたします。

三宅隆太 さん

1972年生まれ。脚本家、映画監督、スクリプトドクター。
 若松プロダクション助監督を経て、フリーの撮影・照明スタッフとして映画、TVドラマ等の現場に多数参加。ミュージックビデオのディレクターを経由して、脚本家・監督に。
 日本では数少ないスクリプトドクター(脚本のお医者さん)として、国内外の映画企画に多く携わる一方、東京藝術大学大学院等で教鞭も執っている。
 TBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』『アフターシックスジャンクション』等の映画談義でリスナーから厚い支持を受けている。
 主な作品に、映画『クロユリ団地』『劇場霊』『ホワイトリリー』『怪談新耳袋 怪奇』『呪怨 白い老女』『七つまでは神のうち』など。TV『ほんとにあった怖い話』『怪談新耳袋』『劇場霊から招待状』『クロユリ団地〜序章』『世にも奇妙な物語』『古代少女ドグちゃん』ほか多数。
 著書に『スクリプトドクターの脚本教室』シリーズ、『これなんで劇場公開しなかったんですか?』『スクリプトドクターのプレゼンテーション術』等がある。

©2004-2019 Kawasaki Shinyuri Film Festival All rights reserved.
NPO法人KAWASAKIアーツ・映画祭事務局
TEL044-953-7652/FAX044-953-7685

E-mail:cinema-uma@siff.jp