ひろがる つなげる つたえる

ひとからひとへ、大切なことは世代や世界をこえてひろがる。静かにたしかな技をつなげる。小さな声で大きな思いをつたえる。じっくり考える4作をセレクション。

 

『洗骨』

©『洗骨』製作委員会

上映スケジュール
10月30日 (水)
11:00
小劇場
11月2日 (土)
17:30
​小劇場

2018年/日本/111分
監督・脚本:照屋年之
出演:奥田瑛二、筒井道隆、水崎綾女

あらすじ

洗骨とは一度風葬された遺体を4年後に墓から取り出し、骨を洗い清め再び埋葬すること。沖縄の離島・粟国島で、母の死をきっかけに離散しかけた家族が、この島に残る風習・洗骨を通じて再び家族の絆を取り戻していく。

おすすめコメント

散りばめられた笑いの奥にある人間に対する優しさと慈しみ、そして受け継がれていく命を鮮烈に描き、深い感動に包まれます!

 

『よあけの焚き火』

© 桜映画社

大藏 康誠さん、土井 康一監督

上映スケジュール
10月27日 (日)
19:00
​小劇場
11月1日 (金)
13:50
小劇場

2018年/日本/72分
監督・脚本・編集:土井康一
出演:大藏基誠、大藏康誠、鎌田らい樹、坂田明

あらすじ

代々続く狂言師の父と子が、早春の静謐な山里の離れ家にこもって稽古に励む。厳しい師である一方、優しい父。真剣な稽古が続く中、父子の楽しい触れ合いもあり、地元の老人とその孫娘とも優しい交流を深めていく。

おすすめコメント

人間が世代を継ぐというのは、血のつながりだけでなく、文化や想いを伝えていくこと。大地や空気の恵みを感じるやさしい映像で語られます。

 

ゲスト(予定)

大藏 康誠さん

08年、東京生まれ。能楽師狂言方大藏流。大藏基誠の長男。25世宗家大藏彌右衛門の孫。4歳7カ月で初舞台を踏む。

土井 康一 監督

78年、神奈川県生まれ。映画『彫金』、『蒔絵』で教育映像祭優秀作品賞、映文連アワード部門優秀賞
など。本作が長編初監督。

『沈没家族 劇場版』

©おじゃりやれフィルム

加納 土 監督、関山 隆一さん

上映スケジュール
10月30日 (水)
10:30
​映像館
11月2日 (土)
13:30
​映像館

2018年/日本/93分/ドキュメンタリー
監督・撮影・編集:加納 土 /音楽:MONO NO AWARE、玉置周啓/
出演 :加納穂子、山村克嘉、イノウエ 他

あらすじ

90年代半ば。様々な若者がひとつの家に寄り合い子育てに奮闘した実践的共同保育「沈没家族」。その環境の中で育った監督が当時一緒に暮らした人達を訪ね、母や不在だった父の姿から家族とは何かを見つめ直していく。

おすすめコメント

世間の注目を集めた「沈没家族」で成長した監督が当時を振り返る貴重なセルフドキュメンタリー。日本で新しいスタイルの保育活動をしている関山氏との対談もお楽しみに!

 

ゲスト(予定)

 

1994年生まれ。現在25歳。神奈川県出身。武蔵大学社会学部メディア社会学科の卒業制作として本作の撮影を2015年から始める。卒業後はテレビ番組の制作会社に入社。『沈没家族 劇場版』が初の監督作品となる。(10/30、11/2登壇予定)

加納 土 監督

1971年生まれ。NPO法人もあなキッズ自然楽校・理事長。2007年もあなキッズ自然楽校を設立。森のようちえんや自然体験活動を通して、長期的な子育て支援環境の確立及び地域に根差した実践を行っている。(10/30登壇予定)

関山 隆一さん

『ある精肉店のはなし』

 

© やしほ映画社/ポレポレタイムス社

上映スケジュール
10月30日 (水)
13:50
小劇場
11月3日 (日)
12:40
​小劇場

2013年/日本/108分/ドキュメンタリー
監督:纐纈あや/プロデューサー:本橋成一
撮影:大久保千津奈/録音:増田岳彦/編集:鵜飼邦彦

あらすじ

大阪府貝塚市に暮らす北出さん一家は7代にわたって牛を育て屠畜し捌いて売ってきた。牛は鳴き声以外に捨てるところはないという。いのちと向き合いながら精肉店を営んできた家族のはなし。

おすすめコメント

いのちと向き合う職人の顔、家族のチームワークと熟練の技で牛がお肉になっていくさま。スーパーの肉しか知らない人にも観てほしい。

 

ゲスト(予定)

『ハウスメッツガー・ハタ』のご主人 畑 肇さん

 1964年創業、登戸の町で肉の伊勢屋、精肉店として営む。

 区画整理にて多摩区より立ち退き要請のため、2015 年より新百合ヶ丘金程の『ハウスメッツガー・ハタ』として移転。お客様に喜んでもらえる吟味した肉と手間暇かけた自家製ハム・ソーセージとお惣菜を作り提供する事を理念とする。

 食生活、これからの持続可能な消費生活を考え、地域に根づいた専門店として皆様の食生活のお役に立てるよう日々精進している。

©2004-2019 Kawasaki Shinyuri Film Festival All rights reserved.
NPO法人KAWASAKIアーツ・映画祭事務局
TEL044-953-7652/FAX044-953-7685

E-mail:cinema-uma@siff.jp