役者・井浦 新の軌跡

映画デビューから20 年。ますますアグレッシブに映画界を走り続ける役者・井浦 新。その魂に宿る“ 熱”どうぞご覧ください!

 

『止められるか、俺たちを』

©2018 若松プロダクション

上映スケジュール
11月1日 (金)
16:00
小劇場
11月4日 (月・祝)
17:00
​小劇場

2018年/日本/119分
監督:白石和彌/脚本:井上淳一

出演:門脇 麦、井浦 新、山本浩司

あらすじ

※上映中止と再開のお知らせ

本作品は11月1日(金)16:00の回は上映中止となりました。楽しみにしていた皆様には大変申し訳ありません。

11月4日(月・祝)17:00上映の回は、無料上映で行います。詳しくはフェイスブックをご覧ください。

若松孝二によるピンク映画は若者たちを熱狂させ、時代の先端を駆け抜けていた。「ピンクの助監督ってさ、オンナじゃ無理?」1969年、21歳の吉積めぐみは“若松プロダクション”の門を叩き、彼女の人生は変わっていく。

おすすめコメント

自身の師“若松孝二”を演じた井浦新の熱演を軸に、映画人たちが駆け抜けた時代を描く。そこには確かに、映画と青春があったのだ。

 

ゲスト(予定)

10月28日更新:

本作品の上映中止に伴い、予定されていたゲストの方々のご登壇も中止になりました。

​楽しみにしていたみなさまには大変申し訳ありません。

 

『赤い雪 Red Snow』

©2019「赤い雪」製作委員会

菜葉菜さん、甲斐 さやか 監督

上映スケジュール
10月30日 (水)
19:00
​映像館
11月2日 (土)
14:00
小劇場

2019年/日本/106分/R15+
監督・脚本:甲斐さやか/プロデューサー:浅野博貴
撮影:高木風太
出演:永瀬正敏、菜葉菜、井浦 新、夏川結衣、佐藤浩市

あらすじ

ある雪の日、一人の少年が忽然と姿を消す。彼を見失った兄は自分のせいだと思いこみ、心に深い傷を負う。30年後、その事件を追う記者が容疑者の娘を見つけ出すことで、事件に関わる人々の運命の歯車が動き始める。

おすすめコメント

国内外の映画祭で高評価を得た甲斐さやか監督の初長編監督作品。豪華俳優陣の演技と彼らが惚れ込んだ脚本にご注目ください!

ゲスト(予定)

菜葉菜さん

主演映画「Y U M E N O 」( 0 5 )で本格的に女優デビュー。強烈な個性で注目され、映画を中心に活躍。大小20本以上の主演作品がある。

 

甲斐 さやか 監督

短編「オンディーヌの呪い」(14)で国内の賞を多数受賞し、パリでも喝采を浴びた新しい才能。本作が長編デビュー作となる。

 

『ワンダフルライフ』

© 1998『ワンダフルライフ』製作委員会

上映スケジュール
10月29日 (火)
19:00
小劇場
11月3日 (日)
19:10
​小劇場

1999年/日本/118分
監督・脚本・編集:是枝裕和
撮影:山崎 裕
出演:ARATA(井浦 新)、小田エリカ、寺島 進

あらすじ

天国の入り口では死者が人生の大切な思い出をひとつ選び、その再現映画を職員が作る。そこで働く望月たちは死者の話に向き合い、彼らの思い出選びを手伝っている。死者たちは人生での大切なものに気づきながら上映会の日は近づく…。

おすすめコメント

フィクションとドキュメンタリーが入り混じる、是枝監督らしい撮影手法の本作で、役者・井浦新のデビューが瑞々しく光る。

【是枝裕和監督ご来場、井浦新さんご来場予定!】

10/29(火)19時~『ワンダフルライフ』上映前にご挨拶いただきます。

大変ご多忙な中ご来場いただけることになりました。多くの方のご来場をお待ちしております。

 

『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』

© 若松プロダクション

上映スケジュール
10月31日 (木)
18:40
​映像館
11月2日 (土)
17:00
​映像館

2011年/日本/119分

監督:若松孝二
出演:井浦 新、満島真之介、寺島しのぶ

あらすじ

※上映中止のお知らせ
本作品は10月31日(木)18:40および11月2日(土)17:00上映回いずれも上映中止いたします。
楽しみにしていた皆様には大変申し訳ありません。

ノーベル文学賞候補とも言われ、人気絶頂であった文豪・三島由紀夫。時は学生運動全盛期の1968年。三島は執筆活動の傍ら、民族派の学生たちを組織化し、有事の際は自衛隊とともに決起すべく訓練に励むが…。

おすすめコメント

主人公の三島由紀夫を演じるにあたって、役者名をARATAから本名へ改名。井浦新の役者人生の転換点となった本作品は必見です!

 

「2019 映画の旅~秋のわっしょい!~しんゆり編」スタンプラリー

スタンプラリーイベントの中止について

​10月28日更新:

 スタンプラリーイベントは中止いたします。楽しみにしていたみなさまには大変申し訳ありません。

©2004-2019 Kawasaki Shinyuri Film Festival All rights reserved.
NPO法人KAWASAKIアーツ・映画祭事務局
TEL044-953-7652/FAX044-953-7685

E-mail:cinema-uma@siff.jp